アンチエイジング(老化防止)

にんにくは老化を防止するアンチエイジング効果が期待できる食べ物と言われます。

しかしながらアンチエイジング(老化防止)効果を期待する場合は、具体的にニンニクにどんな効果が期待できるのか確認する必要があります。

それは、老化のメカニズムは明確に解明されているわけではなく、また老化防止やアンチエイジングという言葉は非常に抽象的で広範囲な意味を持つためです。

ここではアンチエイジング(老化防止)の内容とにんにくの持つ効能を照らし合わし、どんな効果が期待できるか検証します。

アンチエイジング(老化防止)とは?

アンチエイジング(老化防止)は医学的に「抗老化」とか「抗加齢」と呼ばれ、最初に登場したのは1990年頃と歴史的に新しい分野です。

当初、美容業界がこの「アンチエイジング」という言葉を積極的に使った為、美容的側面が強いイメージがありますが、現在では予防医学として認知され研究が進められている分野です。

アンチエイジング(老化防止)のポイント

解釈にもよりますが、アンチエイジング(老化防止)の根本を成す考え方は「老化の原因は酸化ストレスによるもの」というものです。

酸化ストレスとは活性酸素を代表とするフリーラジカルによりDNAやたんぱく質など体の組織が酸化して障害を起こすことです。

つまり老化の一番の原因は活性酸素などのフリーラジカルということです。フリーラジカルはストレスや紫外線、タバコや化学調味料、排気ガス、過労などによって発生すると言われます。

この酸化ストレスは動脈硬化や認知症、白内障、癌(がん)などの健康面だけでなく、シミやしわ、白髪や薄毛など美容面の原因でもあるため、正に老化の原因と言えるかと思います。

老化の原因にはその他にも、免疫力の低下、細胞機能の低下、ホルモンレベルの低下、遺伝子の異変なども要因があると考えられています。

ニンニクによるアンチエイジング(老化防止)効果の仕組み

にんにくのアンチエイジング(老化防止)効果は主に二つの効能を根拠とする場合が多くあります。

活性酸素を除去する効能

にんにくがアンチエイジング(老化防止)に効果があると言われる一番の要因は、活性酸素を除去する効能にあります。

前述した通り、老化の一番の原因は活性酸素を代表とするフリーラジカルと言われています。

にんにくには活性酸素を取り除く抗酸化成分で知られるビタミンCやビタミンE(α-トコフェノール)などが含まれています。

しかし、それよりも強力な抗酸化成分なのがにんにくに含まれるイオウ化合物です。アリシンをはじめとしたにんにくに含まれるイオウ化合物は様々な物質に変化しますが、実に多くのイオウ化合物に抗酸化作用が認められています。

にんにくに含まれるイオウ化合物で抗酸化作用を持つ成分の例には次のようなものがあります。

  • アリイン(Alliin)
  • アリシン(Allixin)
  • ジアリルスルフィド(Diallyl sulfide)
  • ジアリルジスルフィド(Diallyl disulfide)
  • ジアリルトリスルフィド(Diallyl trisulfide)
  • ジアリルテトラスルフィド(Diallyl tetrasulfide)
  • ジアリルペンタスルフィド(Diallyl pentsulfide)
  • ジアリルヘキサスルフィド(Diallyl hexasulfide)
  • ジアリルヘプタスルフィド(Diallyl heptasulfide)
  • アホエン(Ajoene)
  • S-アリルシステイン(S-allyl cysteine)
  • S-メチルシステイン(S-methyl cysteine)
  • S-プロピルシステイン(S-propyl cysteine)
  • S-アリルメルカプトシステイン(S-allylmercapto cysteine)
  • メチルスルホキシド(Methiin)
  • N-アセチルS-アリルシステイン(N-acetyl S-allyl cysteine)
  • γ-グルタミルS-アリルシステイン(γ-glutamyl S-allyl cysteine)
  • γ-グルタミルS-メチルシステイン(γ-glutamyl S-methyl cysteine)
  • γ-グルタミルS-プロピルシステイン(γ-glutamyl S-propyl cysteine)

これらの抗酸化作用を持つ成分が活性酸素を除去し、酸化ストレスを減らすことで、老化に伴う症状を軽減することが期待できます。

尚、このにんにくの抗酸化作用はにんにくを熟成させることで、より強力になると言われます。いわゆるAGE(熟成ニンニク抽出液)に強い抗酸化作用が確認できたという研究報告が多くあります。

健康食品にもなっている黒ニンニクや熟成発酵ニンニクなどに若返りの効能があると言われるのはそのためです。

また、にんにくには体内の抗酸化物質であるグルタチオンペルオキシダーゼを活性化させるセレンも比較的多く含まれています。

血管の健康を保つ効能

老化の程度を計る項目に「血管年齢」というものがあります。これは血管が衰えることにより「体内に栄養を運び、老廃物を回収する」といった血液の働きが低下し、老化が進むからです。

また血管が衰えることにより、動脈硬化をはじめとする生活習慣病のリスクが高まります。これらは老齢化による病気の代表である脳卒中や心筋梗塞のリスク要因です。

つまり血管の衰えを防ぐことは、体内の様々なアンチエイジングにつながるのです。

血管の衰えとは簡単に言うと血管の弾力性が失われることです。にんにくにはこの血管の弾力性を失わせる要因を抑制する働きがあります。

血管の弾力性を失わせる最大の要因は「過酸化脂質」です。過酸化脂質は主にコレステロールが活性酸素に反応してできる物質です。

にんにくはこのコレステロールと活性酸素を減らす効能があるのです。

にんにくに含まれるS-アリルシステイン、アホエン、ビニルジチインといった成分にはコレステロールの生産を抑制する働きがあり、更ににんにくに含まれるスルフィド類には既に生産されたコレステロールの排出を促進する働きがあります。

そして既述の通り、にんにくには活性酸素を除去する抗酸化作用があります。特にセレンにより活性化されるグルタチオンペルオキシダーゼには過酸化脂質自体を分解する働きがあります。

また、にんにくに含まれるイオウ化合物には血管平滑筋を弛緩させ、血管に弾力性を持たせる効能があります。

このように、ニンニクには血管の老化を防ぐアンチエイジング効果がある他、老齢化による血管系の発病リスクを軽減する効果が期待できます。

これらがニンニクの持つアンチエイジング効果ですが、その他にもに「疲労回復」「解毒」「肝機能強化」「糖代謝促進」などといったにんにくに期待できる効能もある意味アンチエイジング効果と言えるかもしれません。

にんにくの効能&効果21選TOPに戻る⇒

adsense

最後まで読んで頂きありがとうございます

関連記事

血液サラサラ(血流促進)効果

血液サラサラ(血流促進)効果

血液サラサラ効果はにんにくの代表的な効能です。ニンニクの効能と言うと体力増強や滋養強壮などのイメージ

記事を読む

活性酸素を除去する効能

活性酸素を除去する効能

にんにくには活性酸素を除去する抗酸化作用があると言われます。その仕組みは明確に解明されていないものの

記事を読む

食中毒予防

食中毒予防

あまり知られていないようですがにんにくは食中毒予防に大変効果があります。にんにくの抗菌・殺菌効果は非

記事を読む

糖尿病予防・改善

糖尿病予防・改善

にんにくは糖尿病の予防や改善に効果的と言われることがあります。マウスを使った実験でも効果性を示唆する

記事を読む

ビタミンB1の吸収を高める効能

ビタミンB1の吸収を高める効能

にんにくを食べると元気になると言われますが、これには「ビタミンB1の吸収率を高める」「ビタミンB1の

記事を読む

血栓を作りにくくする効能

血栓を作りにくくする効能

にんにくに血栓を抑制し血流を促進する効能があるということは広く知られています。欧米ではこのにんにくの

記事を読む

胃潰瘍・十二指腸潰瘍予防

胃潰瘍・十二指腸潰瘍予防

にんにくは胃潰瘍、十二指腸潰瘍の予防や改善に効果があると言われますが、残念ながらそれはシャーレやマウ

記事を読む

高血圧予防・改善

高血圧予防・改善

にんにくと言うとスタミナアップとか滋養強壮のイメージがあるので血圧を上げる感じがしますが、実際には血

記事を読む

冷え性予防・改善

冷え性予防・改善

にんにくは冷え性に効く食べ物と言われることが多くあります。にんにくを食べると活力が湧くといったイメー

記事を読む

動脈硬化予防・改善

動脈硬化予防・改善

にんにくには動脈硬化を予防、改善する効能が多々含まれています。にんにくを大量消費する地中海地方では心

記事を読む

adsense

adsense

加熱調理でにんにくの臭いを消す方法
加熱調理でにんにくの臭いを消す方法

にんにくの臭いを消す方法で一番確実で簡単なのはニンニクを丸ごと加熱する

なぜ、にんにくは臭い(くさい)のか?
なぜ、にんにくは臭い(くさい)のか?

にんにくを食べた後の口臭や体臭は臭い。これは紛れもない事実です。「食後

牛乳やヨーグルトでにんにくの臭いを消す方法
牛乳やヨーグルトでにんにくの臭いを消す方法

牛乳やヨーグルトなどの乳製品はにんにくの臭いを消すメジャーな食品のひと

アリルメルカプタンとは?
アリルメルカプタンとは?

アリルメルカプタン(Allyl Mercaptan)は、ネギ属植物に由

アリルメチルスルフィド(AMS)とは?
アリルメチルスルフィド(AMS)とは?

アリルメチルスルフィド(Allyl methyl sulfide:AM

→もっと見る

PAGE TOP ↑