アリインとは?

アリイン(alliin)にんにくに含まれる最も代表的な有効成分です。にんにくの殆どの効能や効果はこのアリインから変化した物質によるものです。

アリインは硫黄分を含むアミノ酸の一種で、揮発性はありませんが水に溶けやすい性質を持った成分です。またアリシンはシステインの誘導体でもあります。

アリインはにんにくの全成分の内0.5%程度しか含まれていませんが、にんにくの効能や効果、香辛料としての働きなど、にんにくの特長を左右する成分でもあります。

アリインはニンニクの鱗茎内にある葉肉貯蔵細胞という場所に偏在しています。アリインはこの細胞が破壊されるとすぐ別の物質に変化してしまうため、その存在が発見されたのはアリシン(1944年発見)よりも後(1948年発見)でした。

アリインが変化する物質・成分

アリインはにんにくの成分として最もよく知られているアリシンの前駆体です。アリシン自体はにんにくに含まれておらず(状態によって含まれている場合もある)、アリインが変化したものです。

にんにくを切ったりすりおろしたりすると、葉肉貯蔵細胞が壊れてアリインが出てきます。同時に維管束鞘細胞内にあるアリイナーゼという酵素も細胞が壊れることにより出てきてアリインと反応します。

アリインがアリイナーゼと反応すると、アリルスルフェン酸とアミノアクリル酸という物質に分解されます。この内、アリルスルフェン酸がすぐに変化してできるのがアリシンです。

アリインは無臭ですが、このアリシンになった段階であのにんにく特有の強烈なニオイは発します。

そのアリシンも他の物質に反応しやすく、すぐにアリルスルフィド類、アリルメチルスルフィド類、ビニルジチイン、アホエンなどの物質に変化してしまいます。

アリインに期待される効能や効果

アリインに期待できる効能や効果には抗菌・殺菌作用、抗血栓作用、抗酸化作用、疲労回復などがありますが、これはアリインが変化したアリシンやアリシンが更に変化したアリルスルフィド類などの効能・効果と混同されていることが多いようです。

アリイン単体の効能や効果として酸化防止剤としての抗酸化作用があげられることがありますが、それを詳しく言及した文献は少なく、真偽の程は明らかではありません。

基本的にアリインはあくまでアリシンの前駆体という位置づけのようで、現段階ではその効能や効果はあまり研究されていないようです。

 

adsense

最後まで読んで頂きありがとうございます

関連記事

アリシンとは?

アリシンとは?

アリシンとはイオウ化合物の一種でにんにくの効能や効果の中心となる成分です。にんにの効能や効果はアリシ

記事を読む

ビタミンB1

ビタミンB1

にんにくのスタミナの秘密はビタミンB1にあると言われます。にんにくにはスタミナ増強・疲労回復等に役立

記事を読む

ニンニクの栄養成分一覧

ニンニクの栄養成分一覧

ここでは、にんにく(生)の主要な栄養成分一覧をご紹介します。各データは「National Nutri

記事を読む

アリルメルカプタンとは?

アリルメルカプタンとは?

アリルメルカプタン(Allyl Mercaptan)は、ネギ属植物に由来する硫黄化合物の一種で不快臭

記事を読む

アリルメチルスルフィド(AMS)とは?

アリルメチルスルフィド(AMS)とは?

アリルメチルスルフィド(Allyl methyl sulfide:AMS)とは有機硫黄化合物の一つで

記事を読む

ジアリルジスルフィド(DADS)とは?

ジアリルジスルフィド(DADS)とは?

ジアリルジスルフィド (diallyl disulfide/DADS) はにんにくから発生する成分の

記事を読む

adsense

adsense

アリルメルカプタンとは?
アリルメルカプタンとは?

アリルメルカプタン(Allyl Mercaptan)は、ネギ属植物に由

アリルメチルスルフィド(AMS)とは?
アリルメチルスルフィド(AMS)とは?

アリルメチルスルフィド(Allyl methyl sulfide:AM

黒ニンニクとは?
黒ニンニクとは?

黒にんにくとは一般の白いにんにくを高温・多湿という環境のもとで、約1ヶ

美味しいニンニクの選び方
美味しいニンニクの選び方

おいしいにんにくの選び方と言っても”おいしい”は主観ですので、人によっ

ニンニクの基本情報
ニンニクの基本情報

名称 にんにく ニンニク 植物分類 ヒガンバナ科 ネギ属

→もっと見る

PAGE TOP ↑