加熱調理でにんにくの臭いを消す方法

にんにくの臭いを消す方法で一番確実で簡単なのはニンニクを丸ごと加熱することです。 そのことを証明する研究論文等を見つけることはできませんでしたが、かなり一般的な事実であり、特許文献等にもよく記載

続きを見る

なぜ、にんにくは臭い(くさい)のか?

にんにくを食べた後の口臭や体臭は臭い。これは紛れもない事実です。「食後のニオイが気になる食べ物は?」という問いがあれば、真っ先に浮かぶのはニンニクでしょう。 しかし、なぜ、にんにくは臭いのでしょ

続きを見る

牛乳やヨーグルトでにんにくの臭いを消す方法

牛乳やヨーグルトなどの乳製品はにんにくの臭いを消すメジャーな食品のひとつであり、にんにく好きの間ではよく知られていることです。 実際ににんにくの臭いを消すために牛乳を飲む人は多く、過去に放映され

続きを見る

アリルメルカプタンとは?

アリルメルカプタン(Allyl Mercaptan)は、ネギ属植物に由来する硫黄化合物の一種で不快臭を持つことで知られています。 にんにくを食べた直後に「臭いっ!」と思ったら、その殆どはアリルメ

続きを見る

アリルメチルスルフィド(AMS)とは?

アリルメチルスルフィド(Allyl methyl sulfide:AMS)とは有機硫黄化合物の一つで、いわゆるイオウ臭さを持つ無色の液体です。 アリルメチルスルフィドはにんにくを食べた後にニオう

続きを見る

黒ニンニクとは?

黒にんにくとは一般の白いにんにくを高温・多湿という環境のもとで、約1ヶ月程度熟成させて作られたものです。 長時間熟成されたにんにくは添加物を使用しなくても自己発酵し、その結果黒くなります。これが

続きを見る

美味しいニンニクの選び方

おいしいにんにくの選び方と言っても”おいしい”は主観ですので、人によって違いはあると思いまが、一般的ににんにくの場合は「新鮮である」「香り、風味(コク)、辛味のバランスがとれている」ものが良いとされま

続きを見る

ニンニクの基本情報

名称 にんにく ニンニク 植物分類 ヒガンバナ科 ネギ属 ※旧 ユリ科 ネギ属 別名 西洋ニンニク、大ニンニク、ダイサン、ガーリック、大蒜、忍辱 英語表記 Garlic (ガーリッ

続きを見る

ニンニクの栄養成分一覧

ここでは、にんにく(生)の主要な栄養成分一覧をご紹介します。各データは「National Nutrient Database for Standard Reference(USDA)」によるものと「日

続きを見る

黒にんにくの成分

黒にんにくの成分は通常のにんにくに比べて栄養価が増すと言われています。実際のところは特定の栄養成分が増すと言った方が正しいと言えます。 黒にんにくの成分特徴「S-アリルシステイン」 黒にんにくで増

続きを見る

ニンニクの歴史

にんにくの歴史は非常に古く、ピラミッドと深い関係があります。現在のようにいろいろの機械があるわけではない時代に、あの大きな重い石を積みあげたのは現在においても謎です。ピラミッドを築きあげる労働者の体力

続きを見る

ニンニクの料理ポイント

にんにくの鱗茎は基本的に炒めものなどの香りづけや、肉料理の臭み消し、薬味など香辛料として料理に使われます。にんにくはスパイスとして中国料理、イタリア料理、フランス料理などで多く使われますが、特に中国料

続きを見る

にんにくの臭いを消す11の方法

にんにくの臭いを消すにはちょっとしたコツが必要です。そのコツを押さえればかなりのニンニク臭を抑えることができます。ここではそのコツを踏まえたにんにくの臭いを消す方法をご紹介します。 にんにくに多

続きを見る

にんにくの栽培・育て方

にんにくの栽培方法はよく知られており、育て方も比較的簡単な部類に入るのでにんにくを栽培し、自分で育てて料理に使うという人は少なくありません。 もし、土地に余裕があればにんにくの栽培を試してみては

続きを見る

黒にんにくの食べ方

黒にんにくの食べ方は至って簡単です。多くの場合は皮を剥いてそのまま食べます。 にんにく特有のニオイや刺激が無いばかりか、甘く干しブドウやプルーンといった食感なのでとても美味しく食べられます。

続きを見る

アリインとは?

アリイン(alliin)はにんにくに含まれる最も代表的な有効成分です。にんにくの殆どの効能や効果はこのアリインから変化した物質によるものです。 アリインは硫黄分を含むアミノ酸の一種で、揮発性はあ

続きを見る

ニンニクの保存方法

にんにくは乾燥させてから出荷されるので、元々保存性の高い食品です。ただ、にんにくを調理に使うのは1~2片ですので、どうしても残ってしまいます。ここでは残ったにんにくの保存方法をいくつかご紹介します。

続きを見る

黒にんにくの作り方

黒にんにくの作り方を知っていますか? 黒にんにくは健康に良いということで最近注目されており、様々なメーカーから販売されていますが毎日食べるには経済的にキツイという方も多いようです。 そのよ

続きを見る

アリシンとは?

アリシンとはイオウ化合物の一種でにんにくの効能や効果の中心となる成分です。にんにの効能や効果はアリシンの効能・効果と言い換えることができる程です。そして、にんにくの特徴でもある特有のニオイの源もこのア

続きを見る

にんにくの副作用・注意点

にんにくの副作用や危険性はよく知られているので、にんにくを食べ過ぎてはいけないということは多くの方がご存知かもしれません。 にんにくは効能が強い分、食べ方や副作用にも注意する必要があります。

続きを見る

黒にんにくの保存方法

黒にんにくの保存はそれ程気にする必要が無いほど、黒にんにくは比較的保存性の高い食品と言えます。これは本来にんにくが持つ抗菌・殺菌力と黒にんにくが持つ保水性のためと考えられます。 黒にんにくは保存

続きを見る

ジアリルジスルフィド(DADS)とは?

ジアリルジスルフィド (diallyl disulfide/DADS) はにんにくから発生する成分の一つで、にんにく特有のニオイ成分の一つであり、にんにくの効能や効果に大きな影響を及ぼす成分でもありま

続きを見る

黒にんにくの危険性・副作用・注意点

黒にんにくの副作用や危険性は特に気にしなくていいようです。 通常のにんにくの場合、殺菌力が強いため腸内のビフィズス菌など善玉菌を殺してしまうため胃腸障害などの副作用が起こることがあります。しかし

続きを見る

抗菌、殺菌及び解毒を行う効能

にんにくには非常に強力な抗菌・殺菌作用があります。その効能は体内だけでなく体外(皮膚)の細菌やウィルスにも効果を発揮します。 スゥエーデンの実験では1日1200mgのにんにくを与えられた被験者は

続きを見る

ビタミンB1の吸収を高める効能

にんにくを食べると元気になると言われますが、これには「ビタミンB1の吸収率を高める」「ビタミンB1の持続性を高める」といったにんにくの効能が大きく関係しています。 ビタミンB1の働き ビタミンB1

続きを見る

血栓を作りにくくする効能

にんにくに血栓を抑制し血流を促進する効能があるということは広く知られています。欧米ではこのにんにくの効能を「Blood-thinning」と言い、手術前のにんにく摂取には注意が必要とされていますし、中

続きを見る

活性酸素を除去する効能

にんにくには活性酸素を除去する抗酸化作用があると言われます。その仕組みは明確に解明されていないものの、食品の中でも比較的強い抗酸化作用があると考えられています。 活性酸素とは? 私達の呼吸で吸って

続きを見る

疲労回復効果

にんにくの疲労回復効果はにんにくの効能として一番知られているものではないでしょうか。にんにくには「食べるとスタミナがついて元気になる」と言ったイメージがあるかと思います。 にんにくには間接的な効

続きを見る

風邪・インフルエンザ予防

にんにくの風邪予防に対する効能は民間療法としてかなり長い歴史があると言われています。その応用範囲は人間だけでなく、乳牛など家畜の風邪を予防するためニンニクを与える牧場もあるほどです。 しかしなが

続きを見る

コレステロール低下・抑制効果

にんにくには血中のコレステロール値を低くする効能があるとされています。コレステロールは増加傾向にある生活習慣病の危険因子の一つであり、動脈硬化の直接的原因でもあります。 にんにくにはこのようなコ

続きを見る

血液サラサラ(血流促進)効果

血液サラサラ効果はにんにくの代表的な効能です。ニンニクの効能と言うと体力増強や滋養強壮などのイメージが強いですが、血栓を抑制し、血流を促進する血液サラサラ効果も医療や栄養学分野の方にはよく知られた効能

続きを見る

高血圧予防・改善

にんにくと言うとスタミナアップとか滋養強壮のイメージがあるので血圧を上げる感じがしますが、実際には血圧を下げる効能があります。 逆に低血圧の人に対しては血圧を上げる効果があったという研究報告もあ

続きを見る

動脈硬化予防・改善

にんにくには動脈硬化を予防、改善する効能が多々含まれています。にんにくを大量消費する地中海地方では心臓血管患者が少ないという事実があります。その要因を研究する中で示唆されたのがにんにくの動脈硬化を予防

続きを見る

冷え性予防・改善

にんにくは冷え性に効く食べ物と言われることが多くあります。にんにくを食べると活力が湧くといったイメージもあるので、感覚的に体が温まるのを感じるのかもしれません。 にんにくの冷え性に対する効果に関

続きを見る

食欲増進・食欲不振改善

にんにくは様々な効能が期待できるため薬効的に優れた食品というイメージがありますが、本来は薬効的な役割よりもスパイス(香辛料)として料理に使われる食品です。 にんにくはイタリア料理、中華料理、フラ

続きを見る

消化促進・消化不良改善

にんにくの独特の香りや味にはある種の刺激があるため、にんにくは胃腸や消化に悪い食べ物というイメージがあるかと思いますが、実際は消化を促進したり、消化不良を改善する効果があると言われています。 ま

続きを見る

便秘・下痢解消

にんにくが便秘解消や下痢の改善に効果的であることは意外と知られていません。確かににんにくが便秘や下痢の特効薬と言える程効果は期待できませんが、それでも、にんにくのいくつかの効能は便秘や下痢に効果的と言

続きを見る

胃潰瘍・十二指腸潰瘍予防

にんにくは胃潰瘍、十二指腸潰瘍の予防や改善に効果があると言われますが、残念ながらそれはシャーレやマウスの実験段階に留まっているようです。 人間がにんにくを食べて胃潰瘍、十二指腸潰瘍が改善するとい

続きを見る

食中毒予防

あまり知られていないようですがにんにくは食中毒予防に大変効果があります。にんにくの抗菌・殺菌効果は非常に強力で、食中毒の元となる細菌などや大腸菌O-157まで殺菌すると言われます。 また、にんに

続きを見る

肝機能強化・肝臓障害予防

にんにくは肝臓に効果のある食べ物として紹介されることが多くあります。にんにくが肝臓に良いということは昔から伝えられてきましたが、その根拠は漠然としたもので、恐らく経験的なものが大きいと思われます。

続きを見る

二日酔い予防・解消

二日酔いに対するにんにくの効能というと「にんにく注射」を思い浮かべる方が多いかもしれません。にんにく注射は二日酔い解消だけでなく、二日酔い防止にも効果的ということで医者から勧められることもあります。

続きを見る

ビタミンB1

にんにくのスタミナの秘密はビタミンB1にあると言われます。にんにくにはスタミナ増強・疲労回復等に役立つと言われますがビタミンB1はその大きな要素となっています。 にんにくの強精作用の秘密を探る研

続きを見る

癌(がん)予防・抑制

にんにくが健康や医療においてもっとも期待されているのは癌(がん)に対する効果だと思われます。にんにくの癌(がん)に対する効果は多くの研究で報告されており、実際ににんにくの成分を使った癌(がん)予防・抑

続きを見る

アンチエイジング(老化防止)

にんにくは老化を防止するアンチエイジング効果が期待できる食べ物と言われます。 しかしながらアンチエイジング(老化防止)効果を期待する場合は、具体的にニンニクにどんな効果が期待できるのか確認する必

続きを見る

糖尿病予防・改善

にんにくは糖尿病の予防や改善に効果的と言われることがあります。マウスを使った実験でも効果性を示唆する報告があります。 その一方、にんにくを食べることで糖尿病を予防したり改善することに否定的な研究

続きを見る

adsense

加熱調理でにんにくの臭いを消す方法
加熱調理でにんにくの臭いを消す方法

にんにくの臭いを消す方法で一番確実で簡単なのはニンニクを丸ごと加熱する

なぜ、にんにくは臭い(くさい)のか?
なぜ、にんにくは臭い(くさい)のか?

にんにくを食べた後の口臭や体臭は臭い。これは紛れもない事実です。「食後

牛乳やヨーグルトでにんにくの臭いを消す方法
牛乳やヨーグルトでにんにくの臭いを消す方法

牛乳やヨーグルトなどの乳製品はにんにくの臭いを消すメジャーな食品のひと

アリルメルカプタンとは?
アリルメルカプタンとは?

アリルメルカプタン(Allyl Mercaptan)は、ネギ属植物に由

アリルメチルスルフィド(AMS)とは?
アリルメチルスルフィド(AMS)とは?

アリルメチルスルフィド(Allyl methyl sulfide:AM

→もっと見る

PAGE TOP ↑