ビタミンB1の吸収を高める効能

にんにくを食べると元気になると言われますが、これには「ビタミンB1の吸収率を高める」「ビタミンB1の持続性を高める」といったにんにくの効能が大きく関係しています。

ビタミンB1の働き

ビタミンB1には「糖質をエネルギーに代謝(変換)する際の補酵素(潤滑油のようなもの)」としての働きがあります。

これは私達が健康に生活する上で、主に二つの重要な作用をもたらしますす。

一つは純粋に活動するためのエネルギーを生産します。つまり肉体的な元気を出します。もしビタミンB1が不足するとエネルギーがうまく生産できず疲れやすくなります。

もう一つは脳の唯一のエネルギー源であるブドウ糖も代謝するので脳の働きや神経伝達を正常化します。つまり脳機能を高めたり精神的な元気を出します。ビタミンB1が不足すると集中力がなくなったり、イライラやうつ症状などが現れる場合があります。

このようにビタミンB1は肉体的にも精神的にも元気を出すために欠かせないビタミンなのです。

ビタミンB1の性質

前述のようにビタミンB1は元気を出す上で欠かせないビタミンなのですが、体内に摂り入れくい成分としても知られています。

まず、ビタミン類は体内で生産できないので食べ物から摂取するしかありません。またビタミンB1は水や熱に弱く調理過程でどんどん失われていく成分でもあります。更にお菓子やジュースなど糖分を沢山含む食品を摂るとビタミンB1はどんどん失われていきます。

そしてどんなに多くのビタミンB1を摂取しても必要量以上のビタミンは全て体外に排出され貯蔵できません。更に胃腸が弱っていると更に吸収率が落ちると言われます。

この為、絶えずビタミンB1の摂取が必要であり、疲労した時などはビタミンB1の必要量が大きく増します。

このように元気に生活するにはビタミンB1の摂取が非常に重要になるのです。

にんにくのビタミンB1に対する効能

ビタミンB1は摂取しにくく貯蔵もできない成分ですが、にんにくと一緒に摂ることによりこの性質が大きく変化します。

にんにくの薬効成分であるアリシンはビタミンB1と結合するとアリチアミンという物質に変化します。

アリチアミンは脂溶性のため水や熱に強く、調理過程で失われにくくなります。また腸からの吸収率が高まり、ビタミンB1をスムーズに体内に摂り込むことが可能になります。

更に、余分なビタミンB1も排出されず血液中に貯蔵されるためビタミンB1の効果が長時間持続することが分かっています。

このアリチアミンの性質を発見したのは元京都大学の藤原元典教授で、それを製品化したのが栄養ドリンクなどで知られる「アリナミン」です。

ちなみに「アリナミン」の名前の由来はにんにくの学名である「アリウム・サティブム」と「アリチアミン」をかけ合わせたところから来ています。
※現在の「アリナミン」にはニンニクの成分は含まれておらず、アリチアミンと同様の性質を持つ「フルスルチアミン」という成分が使われています。

このようににんにくにはビタミンB1の効能を強力に促進する作用があるのです。

にんにくの効能&効果21選TOPに戻る⇒

adsense

最後まで読んで頂きありがとうございます

関連記事

アンチエイジング(老化防止)

アンチエイジング(老化防止)

にんにくは老化を防止するアンチエイジング効果が期待できる食べ物と言われます。 しかしながらアン

記事を読む

糖尿病予防・改善

糖尿病予防・改善

にんにくは糖尿病の予防や改善に効果的と言われることがあります。マウスを使った実験でも効果性を示唆する

記事を読む

肝機能強化・肝臓障害予防

肝機能強化・肝臓障害予防

にんにくは肝臓に効果のある食べ物として紹介されることが多くあります。にんにくが肝臓に良いということは

記事を読む

食欲増進・食欲不振改善

食欲増進・食欲不振改善

にんにくは様々な効能が期待できるため薬効的に優れた食品というイメージがありますが、本来は薬効的な役割

記事を読む

抗菌、殺菌及び解毒を行う効能

抗菌、殺菌及び解毒を行う効能

にんにくには非常に強力な抗菌・殺菌作用があります。その効能は体内だけでなく体外(皮膚)の細菌やウィル

記事を読む

コレステロール低下・抑制効果

コレステロール低下・抑制効果

にんにくには血中のコレステロール値を低くする効能があるとされています。コレステロールは増加傾向にある

記事を読む

消化促進・消化不良改善

消化促進・消化不良改善

にんにくの独特の香りや味にはある種の刺激があるため、にんにくは胃腸や消化に悪い食べ物というイメージが

記事を読む

二日酔い予防・解消

二日酔い予防・解消

二日酔いに対するにんにくの効能というと「にんにく注射」を思い浮かべる方が多いかもしれません。にんにく

記事を読む

高血圧予防・改善

高血圧予防・改善

にんにくと言うとスタミナアップとか滋養強壮のイメージがあるので血圧を上げる感じがしますが、実際には血

記事を読む

癌(がん)予防・抑制

癌(がん)予防・抑制

にんにくが健康や医療においてもっとも期待されているのは癌(がん)に対する効果だと思われます。にんにく

記事を読む

adsense

adsense

アリルメルカプタンとは?
アリルメルカプタンとは?

アリルメルカプタン(Allyl Mercaptan)は、ネギ属植物に由

アリルメチルスルフィド(AMS)とは?
アリルメチルスルフィド(AMS)とは?

アリルメチルスルフィド(Allyl methyl sulfide:AM

黒ニンニクとは?
黒ニンニクとは?

黒にんにくとは一般の白いにんにくを高温・多湿という環境のもとで、約1ヶ

美味しいニンニクの選び方
美味しいニンニクの選び方

おいしいにんにくの選び方と言っても”おいしい”は主観ですので、人によっ

ニンニクの基本情報
ニンニクの基本情報

名称 にんにく ニンニク 植物分類 ヒガンバナ科 ネギ属

→もっと見る

PAGE TOP ↑